スタッフ紹介

  • 今中 哲平 (いまなか てっぺい)

    ひだまり整骨院院長。20歳の頃に武術団体「武颯塾」に出会い、「脱力」の奥深さに感銘を受ける。これを仕事に活かしたいと、治療家を志す。稽古着の作務衣を普段から着ているので、陶芸家やそば屋に間違われる。

    武術修練、ジブリアニメ、村上春樹の小説。

    デスクワーク、窮屈な服、行列に並ぶ事。

  • 阪上 勝弘 (さかうえ かつひろ)

    ひだまり整骨院主任。リーダーとして、現場をまとめる。学生時代はサッカーひと筋。だんじりの時期には出勤しない。字が汚いのをそろばん塾のせいにしている。

    お酒 海外サッカー 漫画

    声をはること 椎茸&大葉 うるさい場所(カラオケとか)

  • 古谷 寛貴 (ふるたに ひろき)

    ひだまりのなんでも屋。水回りや器械類の修理、大工仕事に家事と、幅広くこなす。人の顔と名前、通った道はすぐに覚える。料理もできる。よく食べる。思い出したようにダイエットをする。

    だんぢり 子供 料理

    ジェットコースター お酒 パセリ

  • 庄司 いずみ (しょうじ いずみ)

    ひだまり受付のリーダー。仕事が早く、正確で、元気。「backnumber」が大好きで、驚異的な確率でチケットを入手し、全国のライブを巡る。

    「backnumber」 甘い物(ケーキ、チョコ) 愛犬サスケ

    生野菜 アイロンがけ ゴキブリ

  • 樫木 由美 (かしき ゆみ)

    ひだまり受付。泉南市で酒屋をしていた。飼っている犬と猫と、サッポロ黒ラベルをこよなく愛する。休肝日は無い。

    ビール 動物 ゴロゴロすること

    むかで ピーマン たいた肉

  • 家門 美奈 (かもん みな)

    ひだまり受付。K-POPと韓流ドラマが心の栄養。直情径行、まっすぐな性格。大雑把とも言われるが、自分では認めない。

    ウーロンハイ 韓流ドラマ ネイル

    春(花粉症だから) 人が多い所。 骨の多い魚

  • 林 朱友子 (はやし しゅうこ)

    ひだまり受付。整骨院の近所に住んでいるため、顔見知りの患者さんも多い。定期的にハワイ旅行に行くが、小麦色にはならない。

    フルーツ シーフード(なまこ以外) 旅行

    蜘蛛 早起き 奈良漬け

  • 市川 絵美 (いちかわ えみ)

    ひだまり受付。華奢な見た目に反して、四男の母というパワフルな家庭環境。ラジオ「ありがとう浜村淳です」を愛聴していた。

    スポーツ観戦 お喋りのランチ オクラ

    虫全般 納豆 渋滞